ダウト doubt ~嘘つきオトコは誰?~ 後編

恋愛

400万DLを超える大ヒットを記録した恋愛アプリゲーム原作が実写映画化!

胸キュン系でもきらきら系でもない新感覚”恋愛ミステリー”!!

完全ネタバレレビュー後編です!

前編はこちら

 

中編はこちら




運命の選択

えい
さあ、運命の男候補も残り2名となりました!

 

友人くん
やんややんや
えい
オカマ占い師の言うことを疑いつつも、運命のオトコ探しを続ける桜井

 

オカマ占い師
桜井

 

オカマ占い師「運命のオトコは自分で探しなさい」

オカマ占い師「待ってるだけじゃダメよ。じゃね」

 

友人くん
じゃね
えい
そこへ玄野からの電話が!

 

玄野梓(演.西銘駿)
えい
玄野の電話はデートのさそい。意気揚々と家を出てる桜井・・
えい
しかしアパートの外に出た桜井の前に唯川が現われる!

 

唯川至(演.稲葉友)

 

友人くん
なんで家知ってるんや!

えい
家を知っていたのは、桜井がSNSにあげた写真から特定したかららしい

友人くん
ストーカーやんけ!www

 

唯川「小学生の頃から、ずっと好きでした」

 

えい
そしてストーカー疑惑をかけられたタイミングで告白する桜井

友人くん
場所とタイミング選べwwww
えい
子どもの頃虐められていた唯川は、桜井に助けられていたんだ

 

少女時代の桜井「生まれ変わって見返してやりなさいよ」

 

えい
その言葉を支えに、唯川は頑張ってきたんだ
友人くん
イイハナシダナー

 

唯川「どうしたら桜井に近づけるか考えてた」

 

えい
唯川はSNSで桜井を常におっかけていた
えい
唯川は『偶然』桜井に再会したと言っていたけれど、それはウソ
えい
唯川・・・ダウト!
友人くん
唯川・・・一番まともそうやったのに・・・

 

桜井「嘘つくなら最後まで突き通してくれたらいいのに・・・」

桜井「さようなら」

 

友人くん
残ったのは玄野・・・!
えい
運命のオトコは玄野!

 

運命のオトコ

えい
9つのダウトをみつけ、玄野と付き合うこととなった桜井
えい
中華街デートを楽しむよ
えい
デートの終着点はホテル
友人くん
キターーー!!
えい
交代で、シャワールームへ向かう玄野
えい
そのタイミングで、桜井は玄野の出版している絵本を通販で買おうとするんだ
友人くん
ほう
えい
しかし、クレジットカードが使えず・・!!
友人くん
なぜ!!
えい
焦る桜井!そして・・・
えい
部屋に警察官が飛び込んでくる!!
友人くん
!!??
えい
警察の話によると、玄野は結婚詐欺師だったんだ

友人くん
運命のオトコじゃなかったのか・・・
えい
警察署で事情を聴かれる桜井
えい
警察官の話によると玄野は捕まった模様

えい
なにやら別の男と口論していたらしい
えい
バーで、玄野が桜井のバッグを触っていたときのことを思い浮かべる

 

桜井(口論していたのは唯川では・・?)

 

友人くん
しかし今となっては・・

えい
失意の桜井の前にオカマ占い師登場
えい
婚活パーティを主催した立場として、犯罪者が紛れ込んでいたことに責任を感じていたらしい
友人くん
いいヤツだな、オカマwww

 

桜井「何が運命よ!」

桜井「全員嘘つきオトコじゃない!!」

占い師「・・・」

占い師「ソレって全部悪いことだった?」

占い師「好きな人の前でかっこつけたりする相手を思うあまりつくウソもあるんじゃない?」

占い師「ある意味女の化粧もウソじゃない?」

桜井「・・・」

 

友人くん
反撃くらっとるやんけ
えい
唯川を思い出し、涙する桜井だった

 

運命のフィナーレ

桜井の部屋

桜井は、久しぶりに母ちゃんと電話をする。

運命のオトコにあえたにもかかわらず、自ら手放してしまった桜井。

 

桜井「母ちゃん・・・ごめん」

桜井「私ウソついてた・・・」

桜井「本当は結婚の予定もない・・・」

桜井「運命の人に会えたのに・・・」

桜井「気づけなかった・・・」

母ちゃん「・・・」

母ちゃん「こっちさ、帰ってこい」

母ちゃん「いつでも待ってるから」

 

桜井はそっと電話をきる。

唯川からもらったタコネコマンの絆創膏を取り出し、おもむろにみつめる。

 

タコネコマン

 

あの頃は楽しかった。

感慨にふける桜井。

しかし。。。

絆創膏は桜井の手を滑り抜け、ベッドの下へ潜ってしまう。

ベッドの下に手を入れ、絆創膏をさがす桜井。

しかし桜井が見つけたのは絆創膏ではなく、一通の大きな封筒だった。

差出人は桜井の母ちゃん。

桜井は封を開ける。

中には婚礼用台紙が入っていた。

 

婚礼用台紙

 

桜井は力なく、中の写真を見る

すると・・・

桜井は笑う。

中の写真は唯川のものだった。

---

舞台変わってお見合いの間。

そこには消沈した唯川の姿が。

しかし、現われた桜井の姿を見るやいなや唯川の目に光が戻っていく。

驚きを隠せない唯川に桜井は そっと つぶやく。

 

桜井「うそつきオトコ///」

 

おしまい

コメント

  1. 3部に渡る解説記事ありがとうございました。
    相変わらず濃厚に記事書きますよね(#^^#)

タイトルとURLをコピーしました