桜の温度(ufotableオリジナルアニメ)

映画

企画・制作・配給から、広報・宣伝に至るまでの全てをufotable単独で行った、ufotabel純度100%の意欲作!

えい
平尾隆之監督のufotableオリジナルアニメーション「桜の温度」をレビューです!
えい
徳島の映画館(ufotable CINEMA)のみで上映されている作品です!
友人くん
ufotableといえば、『鬼滅の刃』アニメを製作したアニメ会社だな~




  

『桜の温度』あらすじ

えい
メインの登場人物は3人!
えい
主人公の柊吾(cv.佐藤銀平)
えい
何もない地元の街にいらだちを感じながら過ごしている高校生
友人くん
徳島のアニメ会社が製作した作品なら、徳島が舞台だったりするんだろうか
えい
柊吾の兄・海斗(cv.四宮豪)
えい
高校を卒業し、造り酒屋の両親を手伝っているよ
友人くん
孝行息子だな
えい
兄弟の幼なじみ・蘭澄(カスミ)(cv.茅野愛衣)。柊吾の兄と付き合っているうわさあり
蘭澄

   

友人くん
俺に乗り換えないか?
えい
20分程度のアニメ映画です
友人くん
ufotable cinemaだけで楽しめるオリジナル作品!

  




  

『桜の温度』ネタバレレビュー

この街には何がある?

柊呉「この街には何がある?」

友人「学校だろ?」

  

えい
友人に問いかける主人公の柊呉

  

柊呉「どこでもいいんだ」

柊呉「どっか遠くへ」

  

友人くん
街を出て行きたい気持ちが強いんだな
えい
ですねぇ・・・
えい
田舎では楽しみもないのか、同級生たちは人様のウワサ話に興じることもしばしば
えい
本日同級生の間で噂になっていたのは、柊呉の兄と蘭澄の仲について
えい
どうやら兄は旅館を営む蘭澄の家に出入りしていたらしい
友人くん
田舎モンは噂話が大好きだからな~
えい
事実を訊きに兄の元を訪れる柊呉
えい
けれど真相を聞く勇気のない柊呉はこう聞くんだ

 

柊呉「この街には何がある?」

  

友人くん
好きだな、それwww

 

兄「家がある」

兄「俺たちの酒蔵も」

  

えい
結局真相を聞くことのできない柊呉は兄の部屋を出たよ

  

柊呉と海斗と蘭澄

-廃墟

えい
幼なじみの蘭澄に同じ問いをする柊呉

柊呉「この街には何がある?」

蘭澄「海斗くんがいて・・・私がいて・・・柊呉くんがいるじゃない」

  

柊呉「俺はこの街が嫌いだ」

柊呉「今すぐにも出て行きたい」

  

えい
蘭澄に本音を打ち明ける柊呉
えい
すると・・・ 

  

蘭澄「連れてってよ」

  

えい
蘭澄からはまさかの返事が
友人くん
蘭澄も街を出たがっているのか?
友人くん
兄と付き合ってるんじゃないのか
えい
そのあたりがよく分からなかったのですが、蘭澄と兄が付き合っている描写は一切なかったですね。会話するシーンはあるものの・・・
友人くん
ひょっとしたら、ウワサだけだったのかもしれねーなぁ
えい
それが正しいとなると切ないですね

  

-夜の街

えい
使われなくなったバスに乗った柊呉と蘭澄
えい
バスの窓からは何やら地上から夜空に続く光線が見える

  

蘭澄「あの光、なんだとおもう?」

柊呉「さあ?」

  

えい
答えを持たない柊呉

  

蘭澄「ラブホのサーチライト」

   

えい
答えを知らなかった柊呉を揶揄するようにつぶやく蘭澄

  

蘭澄「みんな通り過ぎていくだけなんだね」

   

友人くん
何もないはずの街のことを何も知らない寂しさよ
えい
質問を改める蘭澄

  

蘭澄「好きな人が『この街に残りたい』って言ったらどうする?」

  

友人くん
!?
友人くん
おいおいこれって・・・
えい
思わせぶりですね・・・
えい
しかし・・・柊呉

  

柊呉「それでも出て行くとおもう」

  

友人くん
出ていくのかよw
友人くん
フラグが折れてしまった
えい
その答えに蘭澄はなにをおもうか、休学にはいってしまうんだ
友人くん
蘭澄・・・

  




  

閉ざされる真実

えい
蘭澄の身になにがあったのか、答えを知るために蘭澄の家へ柊呉は足を運ぶんだ
えい
蘭澄の実家が経営する旅館「千倉」に到着する柊呉
えい
しかし旅館は休業していたよ・・・
友人くん
どうなってしまったんだ
えい
蘭澄の行方も分からぬまま、柊呉の実家の酒蔵が火事になってしまう
えい
原因は兄が残したたばこの吸い殻
友人くん
おいおい・・・
えい
両親に責められる兄
えい
しかし柊呉は・・・

  

柊呉「タバコなんかやんないだろ」

柊呉「アニキの持ってた鍵じゃ、酒蔵は開かなかっただろ」

柊呉「酒蔵の鍵、すり替えられていたんじゃないのか」

  

えい
兄ではない別の誰かが、出火させたのではないかと疑う柊呉
えい
しかし兄は・・・

  

兄「俺がやったんだ」

   

えい
一切の反論をしない兄
友人くん
真相は・・・

  

残されたもの

えい
卒業の季節
えい
桜の舞う街で
えい
蘭澄の幻影を追って、柊呉は以前蘭澄と過ごしたバスの中へ
えい
するとバスの座席の下に手紙が!
えい
手紙を読むやいなや、バスから走り出る柊呉
えい
たどり着いた先は、讃岐津田駅
えい
駅のホームには蘭澄が!!
友人くん
おお!!