JurassicWorld!(感想・前編)

ジュラッシックワールド/炎の王国を早速観てきました!

ネタバレありですので注意です。

絵も描きましたので 読んで頂ければ嬉しいですw

 

物語冒頭、モブキャラたちはある人物の命令を受け、海に沈んだ恐竜の骨を回収に向かいます。回収に成功した・・・とおもったのですが、生き残っていた恐竜たちとのバトルが始まってしまいました!

バトルの結果、骨(DNA目当て)は持ち帰ることが出来ましたが、殉職者もでてしまいました。。命を賭してミッションを成功させたおっさんへ黙祷をささげずにはいられません。。
(おっさんの顔は覚えてないw)

 

なにやら人間が今までにおかしてしまったあやまちや 恐竜と人間のあり方について熱弁しています。
場面は変わり、なにやら聴講会の場面へ・・・そこではなんと
マルコム博士登場!
嬉しいサプライズです!

「人間どもは全然学習しねーわ、つれー」みたいなことをおっしゃっています。まあ人間サイドがヘマをやらかさないと 物語が始まらないので そこは何度でもヘマをやらかしてもらいましょう・・・w

そしていよいよ物語が始まります。

今回のお話のメインはマルコム博士・・・ではなく、恐竜を保護する会の3人と、恐竜を手なづけることに定評のあるおっさんの4人です!

主人公2人は前作と同じ方でした。

主人公は本当にぐう聖でかっこいいんですが、私の絵では「自分のことを野原ひろしとおもいこんでいる変なおっさん」としか表現できませんでした。。残念w

ヒロインの方は相変わらずおきれいですが、今回は恐竜を守るための会に属しており、私としては「ちょっとやべー思想になったんじゃねぇか?」という感想を抱いてしまいましたw そして同じ会に属する男女2人。後々やらかします(オイ)

右端の男なんざ「恐竜を守れ守れ」言っているくせに、いざ島に乗り込んだら「T-Rexはいないよね?」というビビりになる始末。なんなんだ。帰れ!w

 

この4名が 火山活動を始めた島から恐竜を避難させたいという ロックウッドの頼みを受けて活動開始!

ロックウッドさんの登場、これにも驚き!!

感想中編へ続く!




あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。