【吹替え派VS字幕派】終わらぬ論争に終止符を打て!

映画

映画における論争のひとつ、海外映画を観る時に『吹替え』『字幕』のどちらにするか!?

このテーマを書いた映画サイトは多々あるものの、イマイチそのメリット・デメリットに踏み込んでないように感じます。。

えいの映画ブログも、このテーマについてあつく語ってみようとおもいます!

友人くん
この記事の内容は、吹替派、字幕派の両方にケンカを売ってるからそこんとこヨロシク!




ディベート開始!

友人くん
と言うわけで今回は俺たちで、字幕派と吹替え派に別れてどっちが優れているか徹底討論しようとおもう
友人くん
俺が「字幕派」な?
友人くん
外国人顔だしなww
えい
じゃー、私が「吹替え派」で!
えい
日本人顔じゃないけどw
達郎くん
いや、ちょっと待ってくれ・・・
達郎くん
「吹替え派」は俺がやらせてもらう
友人くん
誰だ!お前www
えい
wwww
達郎くん
いや、通りすがりの たつろう、ってもんだけど・・
友人くん
だから、誰だよwww
えい
・・・
えい
というわけで、「吹替え派」友人くん、「字幕派」たつろうで徹底討論してもらおうと思います!!
えい
ファイッ!!!
友人くん
コイツでいいのかよwww
達郎くん
論破してやるよ・・・!

 

字幕派:友人くん

VS

吹替え派:達郎くん

えい
やめろwwww

 

監督の想い(キャスティング)

友人くん
そもそも映画俳優を選ぶ課程を考えてみてくれよ
達郎くん
友人くん
映画を作るにあたって映画監督が「こういう映画を作りたい!」て思いがあるわけだ
友人くん
そして「その映画を作るためには、こういうキャラクターが必要」「そのためにはこの役者に出演してもらいたい」と流れるわけよ
友人くん
けどどうよ?
友人くん
吹替えはそんな監督のもっていた役へのイメージをぶっ壊してるわけだぜ?
達郎くん
まあ、確かに
えい
結構簡単に納得してるw

  




  

字幕映画の文字数制限

達郎くん
俺のターンだ
達郎くん
吹替え派としてまずは言わないといけないのがコレ・・・
達郎くん
そう、表現できるセリフの長さと質だ
友人くん
ぐぐ・・・
達郎くん
当然ご存じのように字幕には、文字数の制限がある
達郎くん
具体的にはこんな制限があるぞ

 

外国語音声の劇場用映画の場合の文字数制限
 ・通常は台詞1秒に対して4文字以内
 ・一度に表示される字幕は20文字までが基本
 ・1行あたりの文字数は10字(例外あり)

 

えい
こうみると、結構少ないですね
友人くん
ぐぐぐ・・・
達郎くん
声優を使うことが「監督の持っていたイメージ」とやらを壊すなら、この文字数制限は「監督の言いたいことを阻害する要因」にはならないのかね?
えい
www
友人くん
・・・けどよ!しっかり文章推敲すりゃ制限内に収まるだろ!
達郎くん
友人くん・・・
達郎くん
今のお前の発言・・・・・・
達郎くん
“10字”超えてるぞ
えい
wwww
友人くん
くっそ腹立つwwww
達郎くん
ちなみに同じ映画でも「吹替え」と「字幕」で翻訳家が異なる場合もあるそうだが、後者の字幕翻訳家は戸田奈津子氏やアンゼたかし氏等の有名翻訳家をはじめ、20人程度しかいないそうだ
達郎くん
たった20人程度の組合で、本当に日本中の映画の字幕クオリティを担保できるものか・・・
達郎くん
私は、怪しいとおもうがね
えい
あかん、全方位にケンカを売り始めた

  

“吹替え”と”字幕”の表現の違い

えい
では、ここらで吹替えと字幕がどれだけ違うのか?具体例を見てみましょう

 

〇具体例 : フルハウス
海外のホームコメディードラマ。
友人の親をミスターT呼ばわりするキミーの発言。

フルハウスのキミー
キミー

・字幕
 キミー「ミスターT、場をしらけさせたね」

・吹替え
 キミー「ミスターTって・・・顔はのどかだけど鬼の父親だね!」

えい
文字数が違うとやはり、言葉遣いの幅が出て、キャラクターのイメージが強くなりますね

  

〇具体例:ダークナイト
街中をソナー(探知)する倫理に背いた装置をバットマンが開発。装置を使って敵の居場所を特定するようにバットマンはお抱えの技術者ルーシャスへ指示をするが、ルーシャスは難色を示す・・・

ダークナイトのバットマン
バットマン

・字幕
ルーシャス「強大なパワーだ」
バットマン「だからキミだけが」
バットマン「使える」
ルーシャス「分かりました」
ルーシャス「最後の仕事です」
ルーシャス「この装置が社内に有る限り私は辞めます」
バットマン「全て終わったら自分の名を打ち込め」

・吹替え
ルーシャス「一人の人間には重すぎる力です」
バットマン「だからあなたに任せる」
バットマン「あなたしか使えない」
ルーシャス「今回だけ・・・手伝いましょう」
ルーシャス「私の辞表と思って下さい」
ルーシャス「ウェイン産業にこれが有る限り、戻りませんよ」
バットマン「”終了”するときは・・・”あなたの名前”を」

えい
声優さんのセリフのタメが緊迫感を出しています。”あなた”という言葉の選択が、バットマンが技術者をリスペクトしていることがわかりますね

  




    

世界では”吹替え”が多い?”字幕”が多い?

達郎くん
知っているか?
達郎くん
世界では「吹替え」で映画を上映している国が多いと言うことを
達郎くん
Wikipedia(吹替え)のページを見ると、下記の通りある

 

海外ではアメリカ、ドイツ、インド、フランス、イタリア、スペイン、ポルトガル、ギリシャ、韓国、タイなど一般に吹き替えが主流の国もある。

 

えい
アメリカも入ってる!
えい
アメリカ人が吹替え映画を観ることを考えてなかったけど、確かにアメリカ人がヨーロッパやインド映画を観るケースが想定されますね
達郎くん
そうだ
達郎くん
このように主要国の多くは、”吹替え派”なのだよ・・・
達郎くん
字幕だ字幕だ、言い張っているのは日本人だけなのだ
えい
字幕はマイノリティだったのか
友人くん
・・・
友人くん
識字率
達郎くん
??

※識字率・・・文字の読み書きができる人の割合

友人くん
日本は1443年に朝鮮通信使一行に「日本人は男女身分に関わらず全員が字を読み書きする」と言われたほど、古来より識字率が高い
友人くん
たいして海外はどうだ?
友人くん
映画の中に『俺、字が書けネェんだ』などと抜かしやがるキャラが登場する始末だろ?
友人くん
日本じゃそんなキャラは出てこない
友人くん
この字幕映画という文化は、日本の識字率が高く、同時に日本人が文字に親しんできた証拠であり、海外へ誇るべき文化なんだ
達郎くん
ぐぐぐ・・
えい
めっちゃ語るなぁ・・・w

 

〇ご参考
戸田奈津子インタビュー記事より

「日本人って俳優の声を聴きたい!って真面目な人が多いの。それに漢字は意味を示すから、識字率が高かった日本人にとって、字幕は理想的だったのね」

  

字幕を読むデメリット?

達郎くん
大体字幕は、2時間も忙しく目ェ動かして、かったりーんだよ
友人くん
字幕読むくらい簡単だろw
えい
たしかにw
達郎くん
・・・
達郎くん
本当にそうか?
達郎くん
そうおもうなら、このヒロイもの画像を見てくれ

  

正常な男の9分9厘は、乳に夢中で右のコウガサブロウに気付かない
友人くん
おお!これはいい画像!
達郎くん
それだけか?
友人くん
友人くん
お、おう
達郎くん
なら、もう1度見てみろ。今度はじっくりまんべんなく、な
友人くん
もう一度みたって同じだろ・・・
友人くん
・・・・!
友人くん
何か右にいる!www
正常な男の9分9厘は、乳に夢中で右のコウガサブロウに気付かない
友人くん
やべ・・・1回目見たときは気づかなかった。。
達郎くん
ミスディレクション・・・
達郎くん
“注意”を意図していない別の所に向かせる現象だ・・
達郎くん
写真の”胸”は、映画でたとえるなら目線を集中させてしまう”字幕”・・・