仮面ライダー平成ジェネレーションズFOREVER 前編

平成が終わる。
平成仮面ライダーが終わる。

・・・

こんにちは。えいの映画ブログ管理人の暇潰亭です。

仮面ライダー平成ジェネレーションズFOREVERを観てまいりました。

平成仮面ライダー最後の映画です。

そして、最後の平成仮面ライダーの映画にたいするネタバレありのレビュー感想記事でございます(そりゃそうだ)。

・・・・

現行仮面ライダーの仮面ライダージオウ(変身者:常磐ソウゴ)。

そして昨年の仮面ライダー、ビルド(変身者:桐生戦兎)。

二人の周りで、とある異変が生じていた。

まるで別人と入れ替わるように、仲間たちが記憶を失っていくのだ。

さらに二人の前に現われたスーパータイムジャッカ-。
その名はティード。

ティード

ティードはアナザー電王とアナザーWという手下を、7歳の少年シンゴへ差し向けた。

アナザー電王
アナザーW

シンゴを守る戦いの中で、ソウゴは仮面ライダーを愛する高校生アタルと出会う。

強大な敵を前に、シンゴを救おうとするソウゴと戦兎だったが、そんな中アタルがある告白をする。

アタル「仮面ライダーは現実の存在じゃない」

アタルによると、仮面ライダーは単なるテレビのキャラクターであり、イマジンのフータロスがアタルの願いを叶えることで仮面ライダーを実体化させただけだというのだ。

フータロス

自分たちが虚構の存在であることを知るソウゴと戦兎。

驚愕の事実を知った二人に、更なる意表をつく出来事が待ちかまえていた。

それは、アタルの家の中に飾られた少年シンゴの写真だった。

シンゴはアタルの兄であり、18年前にティードにさらわれて行方不明になっていたのだ。

・・・・・

アタルはティードの操る怪人たちに襲われる。

青年アタルの代わりに少年シンゴがさらわれるも、全く助けしようとしないアタル。

全て架空の出来事だから元に戻すことが出来るというアタルに、戦兎とソウゴはあきれる。

怪物に襲われるアタル。彼は、イマジンとの契約を解除し、怪物のいる世界そのものを消した。それは、怪物と同じ世界の住人である仮面ライダーの世界も終わらることを意味していた。

仮面ライダージオウ。

仮面ライダービルド。

虚構から生まれた2人のライダーが・・・

消えた。

友人くん
電王、W、クウガのオリジナルキャストの登場フラグが立ってるじゃん!
友人くん
オダギリジョー、桐山漣/菅田将暉、佐藤健がまさかの登場か・・・?!
えい
気になる後編は次回!

後編へ続く。

おしまい


あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。